2018年
平成30年 昭和93年
52日経過 残り313日
21
営業日
02月 水曜日
Feb 如月 Wed 赤口
February Wednesday
今月営業日
005 / 019 日
今月休業日
002 / 009 日
今年営業日
196 / 241 日
お知らせNo.339. SSLはじめました。 2017/12/18
お知らせNo.305. ユーザー様整理いたします 2017/09/28
お知らせNo.223. Firefoxのパスワード記憶について 2017/03/23
お知らせNo.218. プラグイン機能の説明を作成しました。 2017/03/22
お知らせNo.211. LINEを公開しました。 2017/03/17




USER:
PASS:
新規登録
  • BBSみしお より
  • BBSみしお より
  • BBSみしお より
1人の会員

9
Unique
Visitors
Powered By Google Analytics
インフォトップ公告表示プラグインの実演です。

つたえること

担当@みしお 開始日:2017年09月28日 更新日:2017年09月28日

伝える教える育む、それぞれむつかしいと思います。
人それぞれに手段や過程が違っていて、聞く側もおなじくらいむつかしいので、それ自体はただつぶやくこととどこかに漂着する率が、目的地への近さが二乗で困難だと思います。
相対性理論を思い出しますが光速を基準とできるものとちがって一言で達成してしまう人や繰り返して次の日からできる人もいます。

何が最も良いかというのはでないと思いますが、自分が行動するにあたって方針というのはそれぞれみなさんにあると思います。
座右の銘、という名称を有効活用したいところです。

わたしは計画立案については、まず半分で振り返りと方針の再計画の必要性について検討するようにします。
その前期を2つにわけて、完遂予定までを2つにわけます。前2期と後2期と、確認回、アニメでいうところの番外編などが入るところをつくります。
いつまでもおわらない作業や継続案件も、期間などを決めてとりあえず5にわけます。ゴトビのあれですね。

自分自身の理解と能力向上のためにいろいろな考えを提示したりするのですが、すぐコードとか貼って即効性を求めたりすぐ結果を欲してしまいがちです。
これは情報を出す側もそうですが受け取る側も、相互に素早い問題解決を望んでいるはずだと思うので、良いことだと思うのですが。
良いことだと思うのですが、時と場合によって出力を調整して以降に発生しうる問題も先に解決策を準備する時間を情報伝達に含めて利用するというのも大事ではないかなと、最近思うのです。
そのうちわかる、大人になれば、などと表現されるものに機会の損失や取り掛かりが早いに越したことはないで転覆される事柄ではあると思うのですが、視点を逆にしてみたいようになりました。
いますぐ教える、が機会の有効利用なのか、今が準備だとすれば以降に発生することへの準備になるのでは、いま解決させないことが今後有効に活用できることになるのではと、思うのです。

スポーツの練習も無意味な試合を部分的にこなして、最終的に試合でそれを繰り返すその結果がでる、みたいな感じで。
努力とか苦労とかいうものも、そういう教えがどこかにあったかと思うのですが「効率化・効率化」と叫ばれて消えていた気がします。

たしかに、画像を表示するという方法についてコードを書いてこれでできるでしょというのは簡単で両者ともにすぐ解決です。
しかしすると、文字を調整したい、枠はどうか。位置を、大きさを、となったとき、いちいち全部教えるのでしょうか。
教えるのもよいですが、それは言葉遊び的に言い換えると「代行」しているだけではないでしょうか。
ならばその人がいる意味がない、教えて成功を反復させることでその人の「機会」を損失させているのではないでしょうか。

そういうわけで、問題解決について意見をするとき、これまでと現状について多く無駄に相互の理解がたかまるように努力がしたいないと思うのです。
5にわけた段階の今の、過去2をまずいつでも振り返り確認し、これからどうすべきかを検討して、行っていただくのがいいかなと。
のこり2は私が解決しなくてもいいと思うのです。私は前の2を確認していまを再確認することに重点を置きたいのです。

たしかにこれからの2段階を説明しておわり、だと楽なのですが、双方に苦労と依存が絶えなくなるかもしれないなと思ったりもします。

過去のどうしようもない話をああだこうだと情報共有するのはガールズトークっぽいですが、女子の記憶平滑化能力は冗長化という形で情報処理的には非常に有効なのではないかと思います。
男子の未来や実力や煽りといったトークで即効性や機動力を高めるのもいいと思いますがやはり下地作りがあってこそ力強い活動ができるものだと思います。

もちろん、人それぞれなので、方針はそれぞれにあって、それぞれが適所で役割をこなすのがいちばんだと思います。
私は、すこし遠回りをしてしまうのが好きなのですが、ご迷惑をおかけしてしまうかと思いますが、よろしくお願いできたらと思います。


このページはログインするとコメントを記入できます。
先頭に戻る